起業するとき、起業するなら、会社経営とは?に応える情報サイト

株価は1円でもOK

株式会社を資本金1円で設立した場合、株価は1円で1株を発行することになります。

 

そのときの発行可能株式数はどのくらいにすれば良いのでしょうか。

 

実は、発行可能株式数には上限がありません。

 

なぜ定款に記載するかといえば、株主総会の決議なしに発行できる株式数を明らかにするためです。

 

発行可能株式数を大きく設定することで増資を迅速に行うことができます。

 

しかし、発行可能株式数の設定は4倍から10倍が一般的になっています。

 

特に、第三者から出資を受けることを前提としている場合には、発行済み株式数の4倍が常識とされます。

株価はいくらにすれば良いのか

株価の最低額は1円です。

 

日本には1円よりも小さな金額が存在しないためです。

 

1円の株価でも問題はありませんが、1株1万円という株価が計算しやすく、扱いやすいことから好まれる傾向にあります。

 

株価1万円のメリット

発行済み株式数が把握しやすいというメリットがあります。

 

たとえば、資本金300万円で会社を設立した場合、発行する株式は300株になります。

 

300万円÷1万円=300株

 

設立当初に、発行可能株式数を10倍として定款に定めると、発行可能株式数は3000株となります。

 

つまり、資本金を3000万円まで増資が可能となります。

 

発行した株式は、それぞれの出資者が所有することとなりますから、出資額に応じて株式数も把握できます。

 

たとえば、Aさん:200万円、Bさん:150万円、Cさん:50万円で、合計300万円を資本金として会社を設立すると、それぞれの所有株式はAさん:200株、Bさん:150株、Cさん:50株と即座にわかります。

 

アフィリエイト専用サーバー ジャストサーバー(月額プラン)

 

高くなりすぎたときは株式分割も視野に

株価は、上場を考えたときや、社員にストックオプションを発行するときにも重要になってきます。

 

なかでも社員のモチベーションアップのためにストックオプションを発行しても、行使価格が高すぎると、逆に社員のモチベーションを下げる結果となることもありえます。

 

たとえば、最初の株価が5万円だった会社が4回の増資を行い、増資のたびに株価が高くなった場合。

 

株価が高くなることは、それだけ会社のポテンシャルが高いと評価された結果ですから、大変よろこばしいことではあります。

 

しかし、社員としてストックオプションを行使しようとしたときに、1株25万円で5株の権利があると125万円の現金が必要になります。

 

若い社員が多いサービス業の場合、現金で125万円を用意し、ストックオプションを株式にしようと考えるのは、その会社が上場して数十倍以上の価格で取引されることが予想できる場合ぐらいしかありえません。

 

優秀な社員のモチベーションを高めることが可能な株価ということにも留意する必要があるのではないでしょうか。

 

高くなりすぎた株価は、株式の分割を行うことで安くすることが可能です。

 

株式の分割とは?

1株25万円の株式を、1株5万円にできるのが株式の分割です。

 

株主の資産を変えることなく、株式数を増やします。

 

1株25万円の株式を5分割すると、1株5万円になります。

 

株主の持ち株数は5倍に増えますが、株式の価値は変わりません。

 

株式を分割すると、流動性が高まるといわれています。

 

高すぎる株価は、特に個人投資家から敬遠される傾向があり、買いたくても買えない高額な株価には手を出してくれません。

 

社員のためにと思ったストックオプションも、買いやすい株価に分割することで行使しやすくなり、モチベーションアップも効果的になります。

 

「アメーバキング2」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

 

 

ちょっとブレイク「注目社長インタビュー」

起業を考えるとき、先輩の起業家の経験は貴重なアドバイスになります。

ときには、そんな社長たちのインタビューを読んでみてはいかがでしょうか。

塚原 文奈さん −ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社代表取締役 CEO−

中川 和人さん ―株式会社TRINITY 代表―

仲 陽介さん ―NEET株式会社 代表取締役―

後藤 道輝さん ―株式会社ペイミー代表取締役―

犬塚 亮さん ―株式会社スクルー代表取締役 CEO―

堀口英剛(右)さん・平岡雄太(左)さん ―株式会社ドリップ 創業者―

森 泰輝さん ―株式会社VAZ代表取締役社長―

西名美和子さん ―株式会社Flantesse(フランテッセ)代表取締役・フラワーデザイナー―

神近周一さん ―株式会社Apreco(アプリコ)代表取締役―

中嶋汰朗さん ―株式会社SCOUTER 代表取締役―

窪田善文さん ―NaNika株式会社代表取締役―

田村秀人さん ―WINS《Support Your Wellness Life.》代表―

中根朋美さん ―撮影スタジオ ルーツ経営―

もりおかまりこさん ―日本食文化研究料理家―

庄司 岳さん ―ふるさと創生プロデューサー―

藤松さき さん ―「痩身」にこだわるエステサロン経営 ―

川口 環さん ―「カーシェアリング比較360°」のジェイティップス―

森田運貴さん ―ボーイズ・バー経営―

田中 拓馬さん ―画家・アートラバーズ代表取締役―

木内 敬子さん ―新宿・歌舞伎町とスピリチュアルな聖地セドナ―

吹戸尚之さん ―株式会社日本クラウディア代表取締役―