起業するとき、起業するなら、会社経営とは?に応える情報サイト

納税に必要な経理事務や会計

会社を設立しても、個人事業主として活動するにしても、納税義務があります。

 

会社の場合には、法人として決算書を作成し、納税額を確定して申告します。

 

個人の場合でも、確定申告するためには日々の活動を経理上あきらかにしておかなければなりません。

 

ここでは、税理士と契約すること、クラウド会計サービスを利用すること、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

 

税理士と契約するメリットとデメリット

経理事務などを税理士に依頼する場合、売上規模によりますが、契約料は月額3万円、決算書を作成し納税業務を行う決算料は4か月分から6か月分が相場とされています。

 

税理士の費用は毎月発生しますので、売上規模が小さい時期には大きな負担となります。

 

しかし税理士には専門知識がありますからメリットが大きい面もあります。

 

税理士と契約するメリット

税理士と契約することで得られるメリットは、なんでも相談できることです。

 

会社の経営や事業には、つねに決断が求められます。

 

そんなときに、経験豊富な税理士であれば、過去の経験などから適切と思われるアドバイスを得ることができます。

 

また、経理全般の事務を依頼することで、事業に専念できるというメリットもあります。

 

経理事務は意外と面倒なもので、知識がないと間違いも多く、時間がとられます。

 

その点、税理士と契約してすべて委託すれば、事務作業から解放されます。

 

税理士と契約するデメリット

固定費として費用が発生することは、起業したばかりの会社にとっては大きな負担になります。

 

安く契約できたとしても、決算書の作成や納税事務を依頼するとなればそれなりの金額が発生します。

 

クラウド会計サービスを利用するメリットとデメリット

クラウド会計サービスが浸透してきています。

 

経理について学んだことがない人・実務経験がない人でも、分かりやすく入力できる仕組みになっているため、起業したばかりの会社やスタートアップ企業がよく利用しています。

 

クラウド会計サービスのメリット

入力した数字からリアルタイムに経営の状況を判断できます。

 

レポート作成機能をつかえば、税理士さん待ちということもなく、最新情報を見ながら経営判断が可能となります。

 

クラウド会計サービスの場合、ブラウザ経由でサービスにアクセスするので、ソフトの更新に合わせてインストールする必要がありません。

 

また、銀行口座情報やクレジットカードの明細も自動連係できるため、ひとつひとつ情報として登録する必要がありません。

 

請求書と連携させることもできるため、売掛金を立てるなど、仕訳がスムーズになる補助機能も充実しています。

 

日々の情報登録だけで、貸借対照表や損益計算書などの決算書類を簡単に作成できます。

 

また、確定申告書類の作成もできるため、個人事業主にとってもうれしい機能があります。

 

データのバックアップにも対応しており、低価格で満足のいく機能が充実している点が、クラウド会計サービスのメリットでしょう。

 

とくに、ネットバンキングやクレジットカードでの決済が多い人や会社、経理知識は乏しくても手軽に始めたいとき、パソコン以外の複数のデバイスで作業をすることが多い人や会社におすすめしやすいのがクラウド会計サービスの特長です。

 

社会保険料率や税制改正にも自動的に対応するため、制度改革にも業務効率を下げることなく対応できます。

 

クラウド会計サービスのデメリット

無料から、月額数千円の費用で利用できるクラウド会計サービスになります。

 

パッケージソフトと比較すると、毎月ランニングコストがかかるため、費用負担が大きくなります。

 

また、インターネットの接続速度が十分に早くないと、入力作業などに思いのほか時間がかかる点もデメリットと言えます。

 

インターネットを通じた連携機能によって会計作業を軽減できる点が、クラウド会計サービスの特長のひとつですから、現金取引が多い方にとっては、そのメリットを享受できないという点がデメリットになるでしょう。

 

どのような事業内容なのか、支払い形態は現金なのか銀行振り込みなのかによって、クラウド会計サービスにするかどうかを決めると良いのではないでしょうか。

 

 

ちょっとブレイク「注目社長インタビュー」

起業を考えるとき、先輩の起業家の経験は貴重なアドバイスになります。

 

ときには、そんな社長たちのインタビューを読んでみてはいかがでしょうか。

 

塚原 文奈さん −ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社代表取締役 CEO−

 

中川 和人さん ―株式会社TRINITY 代表―

 

仲 陽介さん ―NEET株式会社 代表取締役―

 

後藤 道輝さん ―株式会社ペイミー代表取締役―

 

犬塚 亮さん ―株式会社スクルー代表取締役 CEO―

 

堀口英剛(右)さん・平岡雄太(左)さん ―株式会社ドリップ 創業者―

 

森 泰輝さん ―株式会社VAZ代表取締役社長―

 

西名美和子さん ―株式会社Flantesse(フランテッセ)代表取締役・フラワーデザイナー―

 

神近周一さん ―株式会社Apreco(アプリコ)代表取締役―

 

中嶋汰朗さん ―株式会社SCOUTER 代表取締役―

 

窪田善文さん ―NaNika株式会社代表取締役―

 

田村秀人さん ―WINS《Support Your Wellness Life.》代表―

 

中根朋美さん ―撮影スタジオ ルーツ経営―

 

もりおかまりこさん ―日本食文化研究料理家―

 

庄司 岳さん ―ふるさと創生プロデューサー―

 

藤松さき さん ―「痩身」にこだわるエステサロン経営 ―

 

川口 環さん ―「カーシェアリング比較360°」のジェイティップス―

 

森田運貴さん ―ボーイズ・バー経営―

 

田中 拓馬さん ―画家・アートラバーズ代表取締役―

 

木内 敬子さん ―新宿・歌舞伎町とスピリチュアルな聖地セドナ―

 

吹戸尚之さん ―株式会社日本クラウディア代表取締役―