起業するとき、起業するなら、会社経営とは?に応える情報サイト

就業規則とは?

常時10人以上の従業員(パート・アルバイト・正社員等)が働く会社は、労働基準法の規定により、就業規則を作成して、所轄の労働基準監督 署長に届け出ることが義務付けられています。

 

「良かった、10人もいないぞ」

 

と胸をなでおろした方もいるかもしれませんが、就業規則はできるだけ作っておいたほうが良いものです。

 

就業規則には、労働者が働くうえで守らなければならない規則・規律と、さまざまな労働条件を記載する必要があります。

 

会社として、一緒に働く人に対して、どんな風に仕事をしてほしいのか、また会社は労働者に対して何を保証しているのかを明確にするのが、就業規則です。

 

そして、就業規則がなければ、ルール違反をした従業員を処分できないかもしれません。

 

就業規則をつくって従業員に周知することで、会社が従業員に禁止していることが明確になります。

 

また、キャリアアップ助成金(正社員コース)に申請し助成金をもらおうという場合にも、就業規則を作る必要があります。

 

就業規則を作るには?

就業規則は、厚生労働省がモデルとなる就業規則を提示していますので、これを参考にすることで最低限の内容は網羅できます。

 

しかし、助成金の取得が目的の場合、その内容に沿った就業規則でなければ助成金が給付されないことが多いので、就業規則を作る際に注意が必要です。

 

就業規則と規程・規定の違い

 

就業規則にすべてを盛り込んで作成しても良いのですが、日本の会社では、運用しやすいように就業規則を短くして、、規程・規定に詳細を定めるという例が多いようです。

 

海外企業、たとえば香港では、日本の就業規則にあたる「Employee Handbook」というものが存在します。

 

「Employee Handbook」に労働者の権利・義務・就業条件をはじめとした事柄が、細かくまとめられています。

 

就業規則は見直しや変更を前提にする

一度つくった就業規則を放置していませんか。

 

就業規則は会社の憲法のようなものですが、労働法をはじめとする諸法令の変更のたびに見直したり、変更したりする必要があります。

 

最近でいえば、マイナンバー制度の導入によって、就業規則や関連規定の変更を行っていることだと思われます。

 

就業規則は時代に応じて変更するものと考えたほうが良いでしょう。

 

雇用契約書と労働条件通知書の違いとは?

従業員と会社との間の約束事を記述したものとして、雇用契約書と雇用条件通知書があります。

 

どちらも重要なものですが、その性格は大きく異なります。

 

雇用契約書とは?

雇用契約書は民法に則った契約書です。

 

従業員と会社の双方で取り交わし、それぞれ1通を所持・保存します。

 

雇用契約書に記載する項目は、就業規則や労働条件通知書と重複する内容が中心となります。

 

雇用契約書を交わすことは義務ではありませんが、雇用契約書を従業員と会社がそれぞれ持つことで、労使間のトラブルを未然に防止したり、パート従業員やアルバイトに対して社内ルールを徹底したりすることが可能となります。

 

労働条件通知書とは?

労働条件通知書は、労働基準法によって定められているもので、会社から従業員に対して明示しなければならないものです。

 

厚生労働省にモデル書式がありますので、一般的な労働条件通知書は厚生労働省のものを参考にするのが良いでしょう。

 

助成金の給付を受ける際にも提出を求められることが多いため、必ず通知し、その原本を保存しておく必要があります。

 

 

 

アジアで起業するならコレを読んで!

中小企業でも、海外に拠点をもったり、工場を操業させる今、日本人以外の外国人従業員は、なぜ私たちの思い通りに働かないのでしょうか。

 

日本人従業員なら、少し説明すればわかってくれる簡単な業務なのに、なぜ外国人従業員はできないのでしょうか。

 

 

外国人授業員に会社のルールを守らせ、働かせる方法は?

 

その原因は、日本人に特有の向社会性にあります。

 

日本人の協調性、利他的行為の多くが、実は遺伝子レベルまで遡れることをご存じですか。

 

日本人以外の外国人は、日本人のように相手を思いやり、仕事を一緒に成功させようなどとは考えていません。

 

仕事は自分に課せられた苦行なのです。

 

そんな外国人従業員の就業態度を変化させ、日本人経営層と協調関係を結ぶことができるノウハウがあります。

 

 

中国人を制する者はアジアを制す

 

それが、中国人を理解し、従業員としてコントロールすることです。

 

なぜ、中国人なのでしょうか?

 

中国人は世界中に移住していますが、アジア地域に住む中国人の数は、他の地域に住む中国人よりも多いことが、第一の理由です。

 

第2の理由は、中国人にはさまざまな民族が入り混じり、生まれ育った地域によっても性格が異なっていることです。

 

たとえば、2014年に「サイエンス」誌に掲載されたミシガン大学の研究では、中国の米作地帯と麦作地帯では、判断の基準が異なることがわかりました。

 

米作地帯では、周囲の人々との関係性が濃密で、集団の意思を尊重する傾向が高く、麦作地帯では合理的な判断が下されるというのです。

 

中国人を従業員としてコントロールするノウハウが、アジアまたはアフリカでも通用する第3の理由が、中国人は絶対に従順にはならないからです。

 

もしあなたのそばに、従順な中国人がいるとしたら、その中国人は猫をかぶっている可能性大です。

 

日本に来ている中国人は、日本人のように行動します。

 

日本人から、「やっぱり、中国人だからね〜」と、下に見られたくないからです。

 

そんな中国人を、会社のルールに従わせるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

集団のルールに従順な日本人、善意の日本人は世界的にみても特異な存在です。

 

日本人の視点では、中国人をコントロールできません。

 

そして、中国人をコントロールするためには、法律に準拠したアメとムチが必要になります。

 

外国人従業員に手を焼いているすべての人に!

 

中国で会社を設立し、従業員を雇用し、税金を払った経験をまとめたのが、「中国人を制する者はアジアを制す ー中国人に有効な労務管理とその方法ー」です。

 

その中国に投資した金額は数千万円に及びます。

 

弁護士事務所に支払った金額だけでも500万円を超えます。

 

しかし、これを読めば、弁護士事務所に500万円以上も支払わなくても、中国人を制することができる就業規則が作れるうえに、個別の労働契約書作成のガイドラインまで知ることができます。

 

お金だけではありません。

 

中国では、あらゆることに時間がかかります。

 

このコンテンツを読んで実行すれば、その時間を節約し、最適な手段を手に入れることができるでしょう。

 

ちょっとブレイク「注目社長インタビュー」

起業を考えるとき、先輩の起業家の経験は貴重なアドバイスになります。

 

ときには、そんな社長たちのインタビューを読んでみてはいかがでしょうか。

 

塚原 文奈さん −ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社代表取締役 CEO−

 

中川 和人さん ―株式会社TRINITY 代表―

 

仲 陽介さん ―NEET株式会社 代表取締役―

 

後藤 道輝さん ―株式会社ペイミー代表取締役―

 

犬塚 亮さん ―株式会社スクルー代表取締役 CEO―

 

堀口英剛(右)さん・平岡雄太(左)さん ―株式会社ドリップ 創業者―

 

森 泰輝さん ―株式会社VAZ代表取締役社長―

 

西名美和子さん ―株式会社Flantesse(フランテッセ)代表取締役・フラワーデザイナー―

 

神近周一さん ―株式会社Apreco(アプリコ)代表取締役―

 

中嶋汰朗さん ―株式会社SCOUTER 代表取締役―

 

窪田善文さん ―NaNika株式会社代表取締役―

 

田村秀人さん ―WINS《Support Your Wellness Life.》代表―

 

中根朋美さん ―撮影スタジオ ルーツ経営―

 

もりおかまりこさん ―日本食文化研究料理家―

 

庄司 岳さん ―ふるさと創生プロデューサー―

 

藤松さき さん ―「痩身」にこだわるエステサロン経営 ―

 

川口 環さん ―「カーシェアリング比較360°」のジェイティップス―

 

森田運貴さん ―ボーイズ・バー経営―

 

田中 拓馬さん ―画家・アートラバーズ代表取締役―

 

木内 敬子さん ―新宿・歌舞伎町とスピリチュアルな聖地セドナ―

 

吹戸尚之さん ―株式会社日本クラウディア代表取締役―