起業するとき、起業するなら、会社経営とは?に応える情報サイト

資本金1円で会社設立は可能だけど・・・

2006年5月に施行された新会社法では、資本金1円で会社が設立できるようになりました。

 

それから10年以上が経過して、1円で会社を設立するメリット・デメリットが明らかになってきました。

 

ここでは、資本金をいくらにしたら良いのか、についてまとめています。

資本金1円で会社設立するメリット

資本金1円で会社を設立するメリットは、なんといっても初期費用を少なくできることです。

 

会社設立時に、資本金は銀行口座に振り込まれたことを証明する必要があるため、現金で資本金を揃える必要があります。

 

手持ち資金に余裕がない場合には、資本金を圧縮して、できれば1円で設立したいと考えたくなります。

 

資本金1円で会社設立するデメリット

ところが、会社設立を1円の資本金で行うと、せっかく起業したビジネスに暗雲が漂うこともあります。

融資を受けられない場合がある

創業時に利用できる融資制度にはさまざまありますが、審査の段階で会社情報を提出します。

このとき資本金が1円だと、資本金を一定額以上に増資するようにという指導を受けることがあります。

言い換えれば、資本金1円の会社の場合、融資を受けられないことが多いのです。

融資を受けるために資本金を増資すると、増資額の7/1000、最低3万円の登録免許税がかかります。

つまり、1円で設立したときに法人登記の登録免許税として最低額の15万円を法務局に支払っていますが、さらに少なくとも3万円の登録免許税を支払うことになります。

大会社との契約ができない場合がある

大会社とは資本金5億円以上の企業を指します。

いわゆる大手企業、上場企業の多くが大会社にあたります。

これらの企業は、契約前に相手先となる会社情報を調べることが多く、信用できる会社かどうかを資本金額で判断することがあります。

資本金1円の会社の場合、大きなビジネスパートナーを得にくいというデメリットがあります。

採用活動でも不利になることが

求人情報をハローワークに登録しようとしたとき、資本金を記入する欄があります。

仕事を探している人から見たときに、資本金が1円の会社を信用できるでしょうか?

どんなに魅力的な仕事で、自分の才能を生かせそうだと感じたとしても、会社の信用性が低いと優秀な人材は集まってきません。

1円の資本金では、人材採用にもデメリットがあると考えたほうが良いでしょう。

資本金は開業資金であり運転資金

資本金は開業のための資金であり、開業から1年間の運転資金であると考えるべきでしょう。

 

オフィスを自宅以外に構えるかどうかで、開業資金は変わってきますが、数人で会社を設立すればオフィスをどこかに構える必要が出てきますし、デスクや事務用品なども購入しなければなりません。

 

どんなに安く抑えようとしても、10万円から数十万円の初期投資が必要となります。

 

資本金の一部は開業資金として使ってしまうと考えたとき、少なくとも100万円程度は必要になってきます。

 

運転資金とは?

運転資金とは、会社を経営するうえで必要な資金のことです。

 

仕入れ、毎月の家賃や光熱費、人件費など、売上が立たなくても支払わなければならないお金がなければ、会社を経営することはできません。

 

資本金は、開業から1年間の運転資金と考えると、資本金をいくらにすればよいのかがわかってきます。

 

見方を変えると、スタートさせたビジネスが売上を上げるまでは自己資金=資本金でまかなわなければならない、ということです。

 

売上が見込めるようになるまで、起業してから3カ月とすると、1カ月間にかかる固定費(家賃・光熱費・人件費・仕入原価等)の3か月分は資本金にする必要があります。

 

キャッシュフロー計算書を作ってみる

資本金をいくらにすべきか考えるときに、事業計画書とともにキャッシュフロー計算書も作ってみると、必要な手元資金がより明確になります。

 

キャッシュフロー計算書は、会社にある現金の残高を示したものになります。

 

赤字、つまりマイナスになるとその分だけ現金が足りないことがわかります。

 

ビジネスやサービスを展開すると、思いがけない場面で出費を余儀なくされることもあるため、キャッシュフロー計算書を作るときには、雑費として毎月一定額を計上しておくと良いかもしれません。

 

キャッシュフロー計算書は、融資を受けるときにも作成を要求されますので、起業するときに必要な書類のひとつでもあります。

ひとり会社で融資も必要ないなら

株式会社は取締役1人でも設立できます。

 

現在、自分ひとりで仕事をしていて、融資を受ける予定もないというのであれば、資本金1円で会社を設立しても問題はないかもしれません。

 

法人の銀行口座が欲しいだけ、という方もいらっしゃるでしょう。

 

起業と同時に会社を設立する場合、どのようなビジネスなのかによって、資本金額は大きく異なるといえます。

 

行いたいビジネスプランを念頭に、資本金額を検討したほうが良いため、ビジネスイメージやサービス内容などは具体的にしておくことをおすすめします。

 

 

ちょっとブレイク「注目社長インタビュー」

起業を考えるとき、先輩の起業家の経験は貴重なアドバイスになります。

 

ときには、そんな社長たちのインタビューを読んでみてはいかがでしょうか。

 

塚原 文奈さん −ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社代表取締役 CEO−

 

中川 和人さん ―株式会社TRINITY 代表―

 

仲 陽介さん ―NEET株式会社 代表取締役―

 

後藤 道輝さん ―株式会社ペイミー代表取締役―

 

犬塚 亮さん ―株式会社スクルー代表取締役 CEO―

 

堀口英剛(右)さん・平岡雄太(左)さん ―株式会社ドリップ 創業者―

 

森 泰輝さん ―株式会社VAZ代表取締役社長―

 

西名美和子さん ―株式会社Flantesse(フランテッセ)代表取締役・フラワーデザイナー―

 

神近周一さん ―株式会社Apreco(アプリコ)代表取締役―

 

中嶋汰朗さん ―株式会社SCOUTER 代表取締役―

 

窪田善文さん ―NaNika株式会社代表取締役―

 

田村秀人さん ―WINS《Support Your Wellness Life.》代表―

 

中根朋美さん ―撮影スタジオ ルーツ経営―

 

もりおかまりこさん ―日本食文化研究料理家―

 

庄司 岳さん ―ふるさと創生プロデューサー―

 

藤松さき さん ―「痩身」にこだわるエステサロン経営 ―

 

川口 環さん ―「カーシェアリング比較360°」のジェイティップス―

 

森田運貴さん ―ボーイズ・バー経営―

 

田中 拓馬さん ―画家・アートラバーズ代表取締役―

 

木内 敬子さん ―新宿・歌舞伎町とスピリチュアルな聖地セドナ―

 

吹戸尚之さん ―株式会社日本クラウディア代表取締役―